akihiro1535

Member +
  • Content count

    39
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

4 Neutral

About akihiro1535

  1. 実は、facebookとEvernoteで行っているプロジェクトです。 facebookでは、日頃の獣医療についての議論をしたり、Evernoteに変更があった場合は、そちらで告知したりするなどして、 Evernoteと連携を取るようにしています。 Evernoteのメモ帳の方は、みんなが勝手に書き込みをすると、信頼性の低いものになるため(医療内容なので)、 書き換え可能な人数を制限して、編集者を決めて、原案を作成する場合はfacebookでみんなに見てもらってから、 編集者がEvernoteの内容を書き換える、という形にしています。 編集者以外は公開URLで見てもらう、ということでもできなくはないのですが、 獣医師同士のクローズなメモ帳にしたかったので、 URLを知っていれば誰でも見られる、というのは正直好ましくないのです。 症例を集めた写真館も充実させて行きたいと考えているのですが、 そのためにも、オープンな公開は望んでいないのです。
  2. GrumpyMonkeyさん、ありがとうございます。 1100人くらい招待メールを送っているものの、手続きをしていない人がいるためか、ブラウザのノートブックの方には、「752人と共有しています」 と表示されています。 上限があるのを知らず、今までやって来たのですが、どうやらこれくらいが今の限界なのかもしれません。 これはビジネスではないので、僕としては、Evernote Accademicというので、多数でさせてもらえるようにできると、 学術的なことに活用できて良いのではないかと思います。 Evernote的にも、良い話でないかとは思うのですが。 とりあえず、今後どうするかですが、publicで公開して行くか、共有メンバーを一旦閉め切るか、検討して行きたいと思います。 ありがとうございました。
  3. Evernoteを利用して、多数の獣医師で作る共有メモ帳というのをしております。 ノートブックを共有して行く形でひとつのメモ帳を共有しているのですが、 最近参加メンバーが1000人を超えました。 順調に参加者は増えて来ているのですが、 困ったことに、最近新しい参加希望者に対して、 Evernoteの招待メールを送ると、「_stripes_global_error」というのが出て、 招待できなくなってしまいました。 共有をそれほど多数でしている人というのがいないからなのか、 検索しても分かりませんでした。 Evernoteの共有人数に、上限というのはあるのでしょうか。
  4. mac

    Evernote Bussinessは、同一組織の中のシェアというターゲットですので、 異なる組織の中でひとつのプロジェクトを共有している、 という形にはちょっとすっきり当てはまらないような印象です。 現在、獣医療情報をストックするメモ帳、診療や手術の写真をストックする写真館、pdf資料等をストックする資料館の3つのノートブックを作っています。 もうちょっとうまくすれば、学術情報に関する共有知を実現できる、 理想のフォーマットを作れるだろうなと思うだけに、ちょっと残念な部分があります。 学術的な分野で、多人数間のプロジェクトを行っていると言うのは、 Evernoteにとっても新しい分野を切り開く試みとなるのではないかと思いますので、 できたらアイデアを考えるのにご一緒できればと思っています。
  5. mac

    ご返答ありがとうございます。 できるのですね。 気がつきませんでした。 いきなり表示されなくなってしまったので、なくなったのだと思ってしまいました。 獣医師900名で獣医療メモ帳や写真館等を共有するプロジェクトに使っているのですが、 管理者としては、 ・共有の招待メールを送る作業の迅速化(今はかなり時間がかかり、複数のノートブックへ招待メールを送ろうとするとひと苦労です) ・投稿したノート、内部の写真等が、"勝手にダウンロードされない"、"勝手に書き換えられない"という機能の追加 ができるとうれしいです。 以前こちらの掲示板に投稿させてはいただいているのですが。 追記: タグが出てくるのは良いのですが、タグの階層が開いた状態で出てくるので、ずらっと長くなってしまい、すっきりさせるためにいちいち閉じなければいけません。 タグの階層が閉じた状態で出てくる方が、良いと思います。
  6. mac

    Version5になって、左のメニューから従来のタグが一掃されてしまいました。 タグを目次のように使っていたのですが、 それがまったくなくなってしまい、 目的のノートを探すのがものすごく手間になってしまいました。 タグのボタンを押して右のウインドウから探そうとすると、 クリックしているうちに、タグが画面全体に散らばってごちゃごちゃになってしまいますので、 ものすごく使い勝手が悪いです。 従来の、「階層で検索して行けるタグ機能」の復活をお願いします。 新しいノートにタグを付けるのも使い勝手が悪いです。
  7. I am Japanese veterinarian, and proceeding a project to share veterinary information among 700 veterinarian using Evernote. Our project have three contents. ・"Memo Pad" : to share information of veterinary medicine ・"Photo Library" : to share photo of medical examination and operation ・"Archives" : to share pdf of medical information In Photo Library, photo is contributed by veterinarian. In Archives, pdf is made by veterinarian or medical company. Company give us pdf of catalog or product information. But serious problem is exist in Evernote. There is a possibility of deletion or download by anyone freely. I must give permission of editing for participant to make "new note". And then anyone can delete or download pdf or photo from note. To say adding, anyone can delete note itself. To contribute with no hesitant, It's a serious problem that anyone can edit/delete/download freely. Company must feel hesitant to give pdf contents. To make sharing archives, the best way is ・Everyone can contribute freely ・Editing/Deletion/Download is limited I think it's most important to make sharing project using Evernote. Most simple system is "Check Button" of "Prohibit modification/deletion/download except contributor" (as below picture). We can work out a solution with just only this check button.
  8. 自己レスです。 どうやら、 クライアント版:タグが階層化されていない web版:    タグが階層化されている ということであるようです。 web版ではタグの階層化が見られるようなので、 クライアント版もいずれ見られるようになることを期待したいと思います。 また、共有編集者には、 ・新規タブの作成(左下のタグの欄に作るということです) ・新規作成したノートに、ドロップ&ドロップでタグを付ける ということができないため、 プロジェクトの進行に不便な状態となっています。 ところで、前回も投稿していて思ったのですが、 この掲示板に投稿していて、希望や要望はEvernote本社に届いているのでしょうか。 日本人同士で言いっぱなしの状態になっているのであれば、 せっかく投稿しても残念な状態ですが・・。
  9. 獣医師で作る共有メモ帳「VetNote」の管理人、二本松と申します。 おかげさまでプロジェクトの参加者も520名を越え、 雑誌やメディアにも取り上げられるようになって来ております。 先日ようやくiPadでも共有ファイルが見られるようになり、 すべてのデバイス機器で閲覧が出来るようになったのですが、 まだ問題点はいくつかあります。 中でも困るのが、 「タグがオリジナルの人と共有者で見え方が違う」 ということです。 オリジナルのファイルの保有者である管理人のEvernoteからは、 タグがそれぞれ階層化され、目的のノートを探すのに、 1.タグからたどる(こちらの方が便利) 2.検索して調べる という二通りの方法を使うことができます。 階層化されている部分は折り畳み可能なので、目的のところまで簡単に到達することができます(写真参照)。 ところが共有者からの画面ではタグの階層化がされておらず、 右の写真のように、ずらっとタグが並んでいるだけなので、 検索にとても不便である状態のようです。 先日共有機能が実装されたばかりなので、 まだこれから洗練されて行くのだとは思いますが、 いずれはオリジナルのファイルとタグの見え方も同じようになって行くのでしょうか。 お教えいただけますとうれしく思います。
  10. 同業者の間で、Evernoteを利用した情報共有プロジェクトを進めているのですが、 知識を共有するためのメモ帳、写真を共有するための写真館、pdfを共有するための資料館など、 複数のプロジェクトノートを作成して、新規招待者を招くようにしています。 今で200人ちょっとですが、将来的には数千人規模のプロジェクトにしようと思っています。 そこで問題なのが、「招待する手間がけっこう大変」ということです。 3つのプロジェクトノートを同時に進行している場合、 そこにそれぞれ招待者を招こうと思ったら、 「共有を設定」をクリック→「共有を停止/変更」→「新しく招待」→メールアドレスを打ち込んで「招待」 という手順を3回繰り返さなくてはいけません。 これからこの手順を何百回、何千回と繰り返さなければいけないかと思うと、 かなり苦痛を感じます。 できるなら、一度の画面で複数のプロジェクトに招くことができるようにしておいて、 かつ、その画面でどのプロジェクトに招待するか、どういう招待の仕方をするか、 ということを保存しておけるようにすれば、 いちいちそれぞれのプロジェクトノート毎に何回も手順を繰り返さなくても良くなります。 また、複数の招待メールを送った場合、 それぞれのメールから手順を踏まなければEvernote上に共有ノートが出てきませんので、 招待される側にとっても煩雑ですし、 何度も手順を繰り返さなければならないという事が分からず、 「うちのEvernoteには共有ノートが出てこない」 という相談がたびたび寄せられています(それぞれの招待メールから手続きをしていないからです)。 一度に複数のプロジェクトノートの招待を出せるようにしておき、 ひとつの招待メールで複数のプロジェクトノートにアクセスできるようになれば、 管理人にとっても、招待される側にとっても分かりやすく、楽な仕組みになります。 数千人をEvernoteに誘ってプロジェクトをしようとしている人もそれほどいないのかもしれませんが、 逆に言えば、そう言う人は、 「数千人の新規顧客を一人で招き入れてくれるパワーユーザーである」 ということが言えると思います。 そういう人が楽に仕事を出来るように仕組みを作っていただけますとうれしく思います。 僕のような人間が他の人をEvernoteに招き入れやすくなるという事は、 Evernoteにとって、そのままプラスになる事ですので。
  11. ノートブックの階層化はないという事なので、とりあえずタグで階層化する方向で考えたのですが、 どうも共同編集者のノートからは、タグ付けがうまくできないらしいということが判明しました。 自分のノートであれば、 クライアント版で左メニューのところから右クリックで新規タグを作成し、 それをドラッグ&ドロップすれば良いのですが、 共有ノートのところには、そもそもタグが出てきません(マック版2.1で確認)。 Web版で見てみても、本来あるべき三角タグが無いために、 新規タグを作成というメニューが出てきません。 共有写真館では、新規ノートを作成した人がタグを作って整理して、 と考えていたのですが、新規タグを作れないとなると困ったものです。 まだ共有ができるようになったばかりなので、開発途中という事なのでしょうか。 共有プロジェクトの進行において大きな問題となりそうな事なので、 改良のほど、よろしくお願いします。
  12. 共有写真館のように、共有編集者に新規ノートを作成してもらうように考えているのですが、 投稿した人にタグを作ってはっていただきたいと考えています。 そう思っていたら、他の方から「タグを作れない」というメッセージをいただきました。 共有参加者は、もしかして新規タグを作れないのでしょうか? それと、クライアント版では大きな写真を載せるとはみ出て表示されますので、 クライアント版で画面内の写真の大きさを設定できるようなボタンを勝手に考えてみました。 こんなのでどうでしょうか。
  13. 勝手なダウンロードを禁止する機能がつけば、 「権利者側がEvernote上にpdfを載せておいて、会員を募ってそれを見せる」 などということも可能になろうかと思います。 ダウンロードの禁止というものは、Evernoteの機能として今後可能なのでしょうか。
  14. 別のトピックスでもちらっと書きましたが、ある程度まとまった内容になりそうなので、 こちらで新規トピックスにさせていただきます。 「共有のメモ帳」から始まったプロジェクトを進めているのですが、 今行い始めたのが「共有の写真館」、 その次に考えているのが、「共有ライブラリー」です。 これは投稿者が作ったpdfや発表用スライド(をpdf化したもの)を、 Evernoteにストックして、共有すると言うものです。 ただ、それをしようとすると、 別の人に勝手に消されたり、勝手にダウンロードされたりする可能性と言うのがひとつのネックになります。 誰でも自由に新規ノートを作成するためには、 招待メールを「編集可」で送らなければいけないのですが、 誰でも編集可ということは、消したり変更したり、ダウンロードが誰にでもできると言う事です。 ただの書類をみんなで書き直し合うと言うのであればそれで構わないのですが、 pdfや写真などを勝手に変更/削除/ダウンロードできるというのは、大きな問題点です。 みんなの共有ライブラリーにするためには、 ・投稿は自由 ・変更/削除/ダウンロードは制限 という方がベストです。 でなければ、安心して投稿もできません。 一番簡単なのは、誰でも編集可で投稿できるようにしておいて、 変更/削除/ダウンロードの制限を、投稿者が選べるようにしておく事だと思います(下図のように)。 ボタンひとつで、問題点はほぼ解決できると思います。 ぜひお願いします。
  15. synkuroさま、コメントありがとうございます。 そういうことではないのです。 写真の縮小表示と言うのは、本文中の問題です。 一番目の写真を見ていただくと、 クライアント版に放り込んだ写真が、画面(ノート表示画面です)からはみ出そうな感じで表示されています。 一方、web版では、画面内に横2列で並んで、縮小されて表示されています。 僕がサムネイル的に表示と言ったのは、左のメニューではなく、右の本文中の表示です。 デジカメ写真をぽいぽい放り込むような感じで使いたいのですが、 大きな写真を放り込んで大きく表示されていると、 並んで何枚も見られないので使い勝手が悪いです。 かといって、カットしてから入れろと言われても、 レントゲンの写真などだと拡大表示してみなければ分からない所見も多いですので、 通常表示では小さく、クリックすると大きく表示される(矢印キーで写真の移動できるとうれしいです)というのがベストです。 web版ではそれがほぼできていますが、クライアント版ではそれがまだできていませんでした。 大きい写真を入れても、画面内に2個(選択できるとなおいい)以上並べて入れられるように、 自動縮小されるようになるとうれしいです。 ややこしい書き方で申し訳ありませんでした。