Jump to content

ikkan

Employee Alumni
  • Content Count

    17
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

0 Neutral

About ikkan

Recent Profile Visitors

The recent visitors block is disabled and is not being shown to other users.

  1. 11月17日にEvernote Business ユーザ会が開催されました。みなさま、ご参加いただきありがとうございました! 以下、簡単に内容をご報告いたします。 最初に、弊社吉田より、弊社CEOクリス・オニールが来日に時に示した「Evernote は、今まで”覚えること”にフォーカス、これからは、”考えること”にもフォーカスしていきたい」という方向性をご報告いたしました。続いてプロダクトマーケティングの中尾が、「新製品発表会プロジェクト」という想定のもと、普段なかなかご紹介できないEvernote Business の具体的な使い方やちょっとしたTIPSやなどのデモンストレーションを行いました。 事例紹介では、株式会社メタボリック代表取締役西田さまより、以下のような活用事例をご紹介いただきました。 ・チャットで素早く情報共有 ・店頭情報、業界情報、トレンド情報(”みんなのアンテナ”)の共有 ・受講したセミナー情報をコメントと資料といっしょに共有 続いて株式会社デジカルのハイパーメディアクリエイター比恵島さまにご登壇いただきました。デジタル出版を手がけられているデジカルさまでは、プロジェクトごとにノートを作成しており、1案件につき1ノートで管理されているとのことです。具体的には ・クライアント情報:進行管理を共有 ・Amazon登録情報:(pub、jpg、掲載文章)をすべて添付 という使い方をされています。また社員の週報にもEvernote Business を活用し、社員が毎日のタスクを記入してそれぞれの作業内容を共有されています。 その後のパネルディスカッションでは参加者よりお二人に対する質疑応答を行いました。各社さんが抱えている悩みに対するアドバイスや、社内のITリテラシー格差などの課題が議論されました。 このようにユーザ会では、他社の事例や使い方を学ぶまたとない機会ですのでぜひご参加ください。 また参加された方の感想や、得られた気づきなどもこのフォーラムでぜひ共有いただけますと幸いです。
  2. ダイエットや美容、健康に関する食品の研究開発・販売を行っている株式会社メタボリックさまの導入事例を公開しました。 https://blog.evernote.com/jp/2016/10/13/54275 データアップロードの上限が決まっている他のサービスと異なり、総容量は無制限であることが Evernote Business 導入の決め手となり、紙類の電子化を推進、感覚的に10分の1くらいになったそうです。情報の属人化が解消され、プロジェクトの把握がしやすくなったとの効果を実感いただいています。
  3. 来年で創業100年を迎える土井電気株式会社さまの事例インタビューを公開しました。 https://blog.evernote.com/jp/2016/09/29/53949 「データの所有権はユーザにある」をはっきりとうたっていたことがEvernote Business の導入の決め手となり、オフィスのペーパーレス化が推進されました。
  4. 9/23(金)16:30- Evernote Businessの勉強会を開催します。本勉強会では、参加者の方々に自社での使い方と課題を発表していただき、それをもとに全員で議論をしていきます。5名限定ですので、「他社の使い方をじっくり聞いてみたい。」「Evernote Businessのさらなる活用法を探ってみたい。」という方にお勧めです。ご興味がある方は、ぜひこちらのフォームよりお申し込みください。 http://bit.ly/EBUG0923 みなさまのご参加をお待ちしております。
  5. Evernote Business を導入することで業務効率を大きくアップ、競合他社との差別化に成功した給湯器・コンロの販売、施工、修理を行う都市ガスサービス株式会社さまの事例インタビューを公開しました。 https://blog.evernote.com/jp/2016/09/01/53904 主に過去に工事したお客様の情報(名前、住所、給湯器の種類、施工前と施工後の写真など)をEvernote Businessに入力することで、アルバイトでもすぐに価格のご案内などができるようになり、また担当者が不在でも、誰がどんな給湯器を入れたのかがすぐにわかるので、お客様へのレスポンスが速くなり商機を逃さなくなったため、大幅に受注が伸びたそうです。
  6. 本Salesforce連携機能、明日開催のAppExchange EXPO Fall 東京 2016にて、デモと事例を交えてご紹介いたします。参加無料ですので、ぜひ事前申し込みの上、ご参加ください! https://www.salesforce.com/jp/events/appexchange.jsp
  7. 書籍のデザインや制作、電子出版事業も行う株式会社デジカルさまの事例インタビューを公開しました。 https://blog.evernote.com/jp/2016/08/04/53448 主に週報や案件管理にご利用いただいています。プレミアムではなく Evernote Business を導入されたのは、社員増員した際の管理の手間を考えた結果だそうです。実際、共有設定もひとつひとつやるプレミアムとは異なり、社員全員に一度にできるなど、思った以上に簡単に導入できたそうです。
  8. 先日ご案内した福岡と那覇でのユーザ会の模様をご紹介します。 福岡では3名のユーザ様が登壇いただきました。NPO 法人スマイリーフラワーズの窪田さまは、問い合わせの詳細を Excel で管理していましたが、担当者しか詳細がわからないという属人性の問題を解決するために Evernote Business を採用。これにより必要なタイミングで必要な情報を見ることができるようになったとのことです。導入にあたっては、スタッフの「難しそう」という先入観を払拭するために、まずは無料版を使ってもらうなどの工夫をされたそうです。 株式会社セリタ建設の芹田さまは、一般土木業という業種では、出先でさまざまな形式のドキュメントを取りあつかう必要があるので、高額な既存のパッケージソフトではなく、働き方に合わせたデータ管理ができるという観点から Evernote Business を採用されました。運用に当たってはノートブックの命名規則などルールを徹底することで、どこに何があるかすぐにわかるという環境を構築されています。 ウシジマ青果有限会社の牛島さまは、一見 IT とはまったく関係のないよう見える農業という分野で、効率化を図るために積極的にクラウドツールを導入されています。Evernote は導入したばかりで、まずはご自身やスタッフのためのネタとして、長年貯めた雑誌の情報をスキャンして Evernote に取り込みペーパーレス化をはかり、散在する情報管理に役立てられています。 那覇のユーザ会では、沖縄尚学高等学校・附属中学校にてアイアーン沖尚の活動をされている生徒さんがひとりずつ、それぞれの Evernote の活用方法を発表。続いて沖縄尚学の上野先生から「強制しても情報の共有はすすまない、生徒に自由にやらせて初めて効果がある」というご自身の体験を紹介され、「Evernote の全機能を使っている人、Evernote を完全に使いこなしている人は一人もいない、必要な機能をいくつか使えばいい」という Evernote を使う上での心構えをお話しされました。続いて北谷中学の宮城先生と高良小学校の中先生からそれぞれ、ご自身の Evernote の使い方の発表がありました。後半は弊社パートナーのテラウェブ・クリエイトの寺田さまから自社での活用事例をお話いただきました。 今後も継続的にユーザ会を開催し、みなさんの情報交換の場を作っていきますので、ぜひご参加ください。
  9. 本Salesforce 連携機能を搭載されたEvernote for Mac 6.8が公開されました。詳細はこちらのリリースノートをご参照ください。また本バージョンよりGoogle ドライブ連携も実装しています。 https://www.evernote.com/shard/s12/sh/aa3f7d66-4f95-4f74-bc98-99c72f850c57/154d07fce524ec1c
  10. 「Evernote Business ユーザ会 in 那覇」のお知らせです。 「Evernote の活用のヒントが欲しい」「Evernote Business の他社の使い方を知りたい」「ユーザ同士の情報交換をしたい」というお客様の声を受けて、このたび沖縄で初の「Evernote ユーザ会」を開催いたします。さまざまな活用事例、質疑応答、ユーザ同士の情報交換を通じて、さらなる Evernote および Evernote Business の活用と課題解決にぜひお役立てください。 日時: 2016 年 7 月 16 日(土)13:00 〜 16:00(受付開始 12:45) 場所: 沖縄尚学高等学校(那覇市国場747) 対象: Evernote ユーザ、Evernote Business をお使いの企業・導入検討中の企業 参加費: 無料 定員: 30名(申込が定員を超えた場合、抽選とさせていただきます) 内容: 1. Evernote アップデート 2. Evernote 事例発表 3. 質疑応答・パネルディスカッション 4. Evernote Business 事例発表 5. 質疑応答・ディスカッション お申し込みはこちらから
  11. 「Evernote Business ユーザ会 in 福岡」のお知らせです。 「Evernote Business の活用のヒントが欲しい」「他社の使い方を知りたい」「ユーザ同士の情報交換をしたい」というお客様の声を受けて、このたび福岡で初の「Evernote Business ユーザ会」を開催いたします。さまざまな活用事例、質疑応答、ユーザ同士の情報交換を通じて、さらなる Evernote Business の活用と課題解決にぜひお役立てください。 日時:2016 年 7 月 15 日(金)15:00 〜 17:30(受付開始 14:30) 場所:ヨカラボ天神(福岡市中央区大名 2-9-35 トウセン天神ビル 9F) 対象:Evernote Business をお使いの企業、Evernote Business 導入検討中の企業 参加費:無料 定員:40名(申込が定員を超えた場合、抽選とさせていただきます) 内容: 1. Evernote アップデート 2. 事例発表 3. パネルディスカッション 4. 名刺交換会 お申し込みはこちらから
  12. 先週末に公開された Evernote for iOS 7.15 によりiOSでも本Salesforce 連携に正式に対応しました。 詳細はこちらの記事をご参照ください。https://help.evernote.com/hc/ja/articles/220820807どうぞよろしくお願いいたします!
  13. 本日、Evernote Business と Salesforceとの新しい連携機能を発表しましたのでご案内いたします。Evernoteでスキャンした名刺情報を直接Salesforceに保存できます。詳細は以下をご参照ください。 https://blog.evernote.com/jp/2016/06/22/53277 現在はWeb版のみの対応ですが、近日中に他プラットフォームでも対応いたします
  14. すでにご存知かと思いますが Evernote の Windows 版が4月に新しくバージョンアップしました。特に Evernote Business をお使いの方に有用なのが、個人とビジネスの領域を視覚的に分かりやすくタブで分離したことです。従来ですと、ビジネスのノートを間違えて個人のノートブックに移動してしまい、ビジネスノートブックを検索しても見つからないというケースがありました。今回のバージョンアップでこうした混乱を防ぐことができます。この新機能の使い勝手についてぜひご意見をお聞かせください。
  15. 社内にはEvernote Business以外にも様々なツールがありますが、どのような使い分けをされていますか? 例えばオンラインストレージの場合、 ・写真やビデオはDropboxやGoogle Driveで保管 ・共有リンクをノートに貼って管理 という使い分けが可能です。
×
×
  • Create New...