Jump to content
Takafumi Takani

【FAQ】ノートのエクスポート(バックアップ)・インポート(復元)の方法(Mac/Win)

Recommended Posts

Evenote for Windows/Macには、ノートのエクスポートおよびインポート機能があります。エクスポートの形式には、汎用的なHTML形式と、Evernoteに最適化された「Evernote XMLフォーマット(Enexファイル)」があります。Enexファイルで保存すると、タグ情報も合わせて保存できます。ここでは、Enexファイルでのエクスポート及びインポートの方法についてご説明します。

Enexファイルについて

Enexファイルは、ノートのタイトル、日付、作成者、位置情報、タグ、本文、内包するファイルなどを1つにまとめたもので、Evernoteの独自のファイル形式です。Enexファイルは複数のノートを持つことができるので、バックアップや移行の目的で利用することができます。ただし、Enexファイルにはノートブックの情報は入りません。EnexファイルをEvernoteにインポートする際には、新しいノートブックが作成され、そのノートブックにEnexファイルにあるノートがインポートされるのでご注意ください。また、プレミアム機能であるノート履歴はEnexファイルでは保持されないのでご注意ください。下記にEnexファイルで保持される情報と保持されない情報をまとめました。

エクスポート/インポートで保持される主な情報

  • ノートのタイトル
  • 作成日時
  • 更新日時
  • タグ(オプションを有効にした場合)
  • 作成者名
  • 位置情報
  • ソースURL
  • ノート本文
  • ノートに内包されている画像やファイル
  • 画像内文字認識の認識結果

エクスポート/インポートで保持されない情報

  • ノートブック名
  • ノート履歴(プレミアム限定機能)
  • 共有リンクのURL

ノートのエクスポート(バックアップ)

任意のノートブックの中から保存・バックアップしておきたいノートもしくはノートブックを選択して下さい。複数選択する場合は、Windowsでは「Ctrl」+クリック、Macでは「Command」+クリックで複数のノートを選択できます。また全てのノートを選択する場合は、ノートブック一覧から「個人」もしくは「個人のノート」を選択し、ノート一覧から任意のノートをクリックして選択し、Windowsでは「Ctrl」+「A」キー、Macでは「Command」+「A」キーを押すことで、全ノートが選択された状態になります。

メニューバーから「ファイル」→「ノートのエクスポート」を選び、選択したノート/ノートブックをエクスポートして、任意の場所に保存して下さい。作成されたファイルがエクスポートされたEnexファイルです。

ノートのインポート(復元)

そしてエクスポートしたファイルをEvernote本体に戻す際は、メニューバーから「ファイル」→「ノートをインポート」を選び、エクスポートされたEnexファイルを選択してください。『(Enexファイルのファイル名) をインポート』という名前のノートブックが作成され、その中にインポートされたノートが保存されます。

不明な点などありましたら、サポートまでお問い合わせください。

Share this post


Link to post

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!

Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.

Sign In Now

×