akihiro1535

mac タグ検索の改悪について

5 posts in this topic

Version5になって、左のメニューから従来のタグが一掃されてしまいました。

タグを目次のように使っていたのですが、

それがまったくなくなってしまい、

目的のノートを探すのがものすごく手間になってしまいました。

タグのボタンを押して右のウインドウから探そうとすると、

クリックしているうちに、タグが画面全体に散らばってごちゃごちゃになってしまいますので、

ものすごく使い勝手が悪いです。

従来の、「階層で検索して行けるタグ機能」の復活をお願いします。

新しいノートにタグを付けるのも使い勝手が悪いです。

Share this post


Link to post

akihiro1535 様

ご利用ありがとうございます。サイドバーのノートブックおよびタグのアイコンを右クリックし、「タグリスト」を選択することで従来のタグリストが表示されます(添付画像参照)。ノートブックも同様の操作でリスト表示が可能です。

post-105981-0-80145500-1355131432_thumb.

1 person likes this

Share this post


Link to post

ご返答ありがとうございます。

できるのですね。

気がつきませんでした。

いきなり表示されなくなってしまったので、なくなったのだと思ってしまいました。

獣医師900名で獣医療メモ帳や写真館等を共有するプロジェクトに使っているのですが、

管理者としては、

・共有の招待メールを送る作業の迅速化(今はかなり時間がかかり、複数のノートブックへ招待メールを送ろうとするとひと苦労です)

・投稿したノート、内部の写真等が、"勝手にダウンロードされない"、"勝手に書き換えられない"という機能の追加

ができるとうれしいです。

以前こちらの掲示板に投稿させてはいただいているのですが。

追記:

タグが出てくるのは良いのですが、タグの階層が開いた状態で出てくるので、ずらっと長くなってしまい、すっきりさせるためにいちいち閉じなければいけません。

タグの階層が閉じた状態で出てくる方が、良いと思います。

Share this post


Link to post

akihiro1535様

900名で共有とはすごいですね!ご利用ありがとうございます。

・共有の招待メールを送る作業の迅速化(今はかなり時間がかかり、複数のノートブックへ招待メールを送ろうとするとひと苦労です)

他組織間での共有だと導入が難しいかもしれませんが、先週サービス開始した Evernote Business には、ビジネスライブラリと呼ばれる社内(1つの組織内)の中で公開されるノートブックの管理機能があります。メールで招待するのではなく、組織内の各人がビジネスライブラリから必要なものだけに参加して自分のアカウントに同期することができます。もしご興味お持ちでしたらサイトの方へアクセス頂ければとおもいます。

・投稿したノート、内部の写真等が、"勝手にダウンロードされない"、"勝手に書き換えられない"という機能の追加

勝手にダウンロードできなくする機能はありませんが、共有ノートブックの権限を個別に設定することにより、特定の人だけに編集権限を与えることができます(ノートブック単位での設定となります)。

追記:

タグが出てくるのは良いのですが、タグの階層が開いた状態で出てくるので、ずらっと長くなってしまい、すっきりさせるためにいちいち閉じなければいけません。

タグの階層が閉じた状態で出てくる方が、良いと思います。

Evernote 5 for Macでの場合としてお話しますが、タグ画面で右クリックをすると「タグをすべて折り畳む」というメニューがあります。こちらですべてのタグの階層を折り畳むことができますのでお試しください。

post-105981-0-08604200-1355135860_thumb.

Share this post


Link to post

Evernote Bussinessは、同一組織の中のシェアというターゲットですので、

異なる組織の中でひとつのプロジェクトを共有している、

という形にはちょっとすっきり当てはまらないような印象です。

現在、獣医療情報をストックするメモ帳、診療や手術の写真をストックする写真館、pdf資料等をストックする資料館の3つのノートブックを作っています。

もうちょっとうまくすれば、学術情報に関する共有知を実現できる、

理想のフォーマットを作れるだろうなと思うだけに、ちょっと残念な部分があります。

学術的な分野で、多人数間のプロジェクトを行っていると言うのは、

Evernoteにとっても新しい分野を切り開く試みとなるのではないかと思いますので、

できたらアイデアを考えるのにご一緒できればと思っています。

Share this post


Link to post

Create an account or sign in to comment

You need to be a member in order to leave a comment

Create an account

Sign up for a new account in our community. It's easy!


Register a new account

Sign in

Already have an account? Sign in here.


Sign In Now