Jump to content

JABITE

Level 2
  • Content Count

    18
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

0 Neutral

About JABITE

  1. ゴタゴタしていたので確認が遅れてしまい、もうしわけありません。 最新版で /a ファイルによる書き込みができるようになりました。 ご対応頂きありがとうございました。 お陰で、スクリプトによるファイルの自動加工アップロードが簡単にできるようになりました。
  2. 刺々しい発言ばかりで本当に申し訳ありませんでした。 Evernote に全てを捧げている(というのは言い過ぎかも知れませんが) ので、良くなって欲しいと本気で思ってます。 次でとは言いませんが、近い将来対応される事を期待しております。
  3. 原因が判明しました。 結論から言うと ENScript.exe のバグです。 Evernote 4.0 の頃から使えるようになった様々な機能拡張に対応した XML(ENML) の DTD ファイルがあるのですが、ENScript.exe createNote /a で指定した部分の記述が、一部新しい機能に対応しているにも関わらず、それに対する DTDファイルを ENML ファイルに含めずにサーバーにアップしているようです。 具体的には タグの直前に というのが必要なのですが ENScript.exe の出力ではそれが欠落しています。 そのため、サーバーが ENML ファイルを認識出来ずに「同期失敗」となっています。 それが証拠に、Export したファイルの当該箇所に上記の DTDファイル指定を手作業で挿入して Import すると全く問題なく同期されます。 恐らく Evernote をアップグレード( V3から V4 )した際に Evernote 社内の開発グループ間で情報伝達がキチッとされていなかったのではないかと想像できます。 いずれにせよ、極めて軽微なミスであり、(刺々しいのは承知ですが) この程度のバグが取れないというのはお粗末過ぎますね。 早急な対処をお願いしたいと思います。(Evernoteの方はこれを見ていない気もしますが......)
  4. もしかすると原因がわかったかも知れません。 以下、あくまで想像で精査したわけではありませんのでご注意ください。 ENScript.exe が作り出したファイル ENEXファイルに足りない情報がないか調べてみたところ、幾つか足りないものがあることが分かりました。 /a で画像ファイルを加えた場合、 タグがありませんでした。 そこで手動でサイズ情報を加えてインポートしたところ、まだ同期エラーがでていました。 さらに、 と を加えてインポートしたところ、今度はちゃんと同期が取られました。 以上のことから想像するに、ENScript が /a を指定された場合に ENEX の DTD にあるルールを逸脱するような ENEXファイルを生成しているのではないかと思われます。 手動で入れる事もできるので、この路線で活路を見いだす事もできるかも知れませんが、本筋としては ENScript の修正をお願いしたいと思います。
  5. ENScript の /a 問題はだいぶ前に Evernote 社に質問を投げているのだが、あまり真面目にとりあってくれない。 でも実はとても重要な機能なはずです。 ENScript createNote /s ABC.txt /i TITLE /a XYZ.jpg /c "YYYY/MM/DD HH:mm:ss" という具合に記述できる仕様で、これができると、映像や PDFファイルを Evernote に投入する事が半自動化できるわけです。 Evernote の検索エンジンが優れていることは Evernoteを選んだ多くのユーザーが100も承知のはず。 ところが ENScript のこのバグは、/a による画像、PDFの登録をできなくしています。 ちなみに Version 3.5 の頃はちゃんと動作していました。非常に快適にノートを作成できていたのですが、 Version 4 になってから出来なくなっています。 これは Evernote 社も認識しているはずで、もし意図して /a オプションを使えなくしているのだとしたらプログラムを作って 登録できるようにするしかなさそうです。
  6. メール経由で日本語タイトルのノートが追加される際、タイトルの最後の部分にコードが崩れたような 文字がついてしまう事があるようです。 100%ではないようですが、恐らく BASE64のデコード時に割り切れない文字数があると そこの処理に間違いがあるのかも知れません。 ただ、エンコード時に壊れている可能性もあり、厳密に調べたわけじゃないので Evernote 側で壊れているのかも知れません。 そもそもbase64エンコードの問題だと思われるため、海外(特に英語圏)では全く問題になって いないものと思われますが、もし同じような症状が出た方がいれば情報を共有して頂ければ と思います。
  7. 最近この件でサポートに連絡してみました。 その回答(1報)は 「/PM表記に関しては既に公開済アプリケーションで問題解決しており..」(一部抜粋) でしたが、しつこく画面を添付して問い合わせたところ 「現在技術部門による原因究明作業中」(2010/7/17現在) との回答が来ました。 もうちょっと待ってみたいと思います。
  8. JPEGをアップすると Evernote内のサーバーで解析され、Exifデータからカメラのメーカー、モデルと共に撮影日時が抽出され Noteのリソース属性に自動的に格納されます。 今後、検索対象になるのかも知れませんね。 ただ、問題が1つあります。 JPEGのExifにはタイムゾーンの情報がありません。 そのため、Evernote社のサーバーでは、Exif内の日時のデータを GMT-7 (サンノゼの時差)として処理して、GMT+0 の時刻に修正した情報をノート属性に書き込んでいます。 これは Exif 側の問題であり、Evernote社では多分どうにもならないものと思われます。 現状だと有無を言わせずにこの補正(GMT-7 -> GMT+0) が適応されるため、リソース属性の時刻が本来の時刻(GMT+9)と16時間も違って格納されています。 撮影した時刻が多少ずれるだけならまだしも、これによって日時が1日ずれてしまう事になります。 今後この機能が公開される段階では、Exif解析次のタイムゾーンをどこかで指定できないとマズイですね。 Exif のデータは既に取られた写真でいじる事ができません。Exifの規格でタイムゾーンが格納される事になっても、過去のデータを整理する際に いちいち修正できませんので、是非、次回のメジャーアップデートまでにはタイムゾーンの設定機能をアカウント情報として保存して使って頂きたいと思います。 ガンバレ Evernote!!
  9. 少し前の話しですが、ソースネクストと Evernote が何らかのビジネス提携をした、と報道されました。 ソースネクスト側の提携理由として、「Evernoteのサービスを利用したソフトの企画、開発、販売をする」というものでした。 だとするとソースネクストはどんな事をしてくれるんでしょうね。 大きなところでいうと、ビジネスソリューションの提供とかかも知れませんが、そこまで風呂敷広げないまでも Windows版のクライアントソフトとかを日本人向けに出して欲しいですね。 或いは、前面には Evernoteを使わないで、「○○管理ソフト」みたいな感じになるのかな? いずれにしても最初のソフトが楽しみです。
  10. Windows クライアント for Evernote をご使用中の方々にちょっと注意した方が良い点があるので報告します。 (問題点と捉えるかそういう仕様と捉えるかは微妙ですが) 例えばプレミア会員で残り 300MBで後2、3日という状況だとします。 当然、「あ、勿体ないから上げ損ねてたファイルを上げとこう!」と思いますが、ここで 300MBギリギリに上げると 何となくアップできない気がするのは大多数だと思います。 しかし、200MBとか 250MBとか、当然大丈夫だろうと思うサイズを一気に送り込むとクライアントソフトが変な挙動をします。 まず、普通にローカルのキャッシュと思われる部分にアップされます。 次に、暫くして同期するタイミングになり同期が始まります。 ここで、どういうわけか、一気に500MBに達してインジケータが真っ赤になります。 この後2つの道があります。 1.暫くまっているとインジケータが降りて来て、なんとかアップに成功する。 2.このままこのクライアントソフトからは次のアップサイクルまでアップできなくなる。(他のソフトからはアップ可能) 1のケースは成功する場合ですが、一瞬真っ赤になるので「あれ?」と思います。 しかし、問題は2のケースです。 このままほっとくと、ローカルのアップすべきファイルは維持されたままになり、次のアップサイクルになった時に 一気に数百MBがアップされる事になります。 私は1のケースも2のケースもどちらも経験がありますが、2のケースの時はさすがに Evernote にメールで質問しました。 しかし、その時の対応は、 「ログを送れ」というものでした。 質問をしてから「ログを送れ」というメールが来るまでにはアップサイクルがリセットされていたため、正常にアップされた ログを送る事になり、案の定「ログを見る限りは正常に動いているように見えるよ」という回答がきました。 本来であれば前のサイクルにアップできるはずだった200MBの量が次ぎのサイクル始まった瞬間に食われてしまい、ちょっと落ち込みました。 皆さんもご注意下さい。
  11. テキストエディタは是非機能拡張をしてもらいたいですね。今後を期待してます。 最近、私は Word をかたわらに起動しておいて、メモ を リッチテキストで書いたあと、Evernote に送りたい範囲を選択してから CTRL+C --> CTRL+ALT+V で Evernote に送っています。この方法だとリッチテキスト表現をほぼそのまま Evernote に送る事ができます。 残念ながら全ての修飾ができるわけではありませんので、使いにくいかも知れませんが、テキストエディタの機能が格納されるの待っている間を しのぐという意味では十分かもしれません。 ちなみに、枠線で囲った文字を Wordから Evernote に持ってくる事もできますが、Evernote から同文字列を持ってくることができません。 あくまでWordでできる事もあるという程度ですね。
  12. ATOK2009ユーザーです。2009でも同様の症状がありますね。 タイトル部分も視認性は悪いです。 ジャストシステムのFAQを見ると http://support.justsystems.com/faq/1032 ... QID=033267 と書かれていて、どうもアプリケーション側で変換文字の色などを設定できるようですね。 Evernote側で設定してもらえると嬉しいですね。
  13. Win Client 3.5.4.2097 を使ってて、時刻(生成日、および、更新日)がおかしいんじゃないかと思いとりあえず英語サイトには質問してみました。 皆さんの環境ではどうでしょうか。 具体的には午後なはずなのに午前(AM)になってしまいます。 同じノートをWebページで見てみると正しく午後になっています。 β版だけかな?
  14. 他のご質問に対する解法の一つになるかも知れませんが、、、、 ノート複数選択した場合、現在だとノートの中身を表示するペインがグレーになっています。 他の動作を阻害するかも知れませんが、ノートを複数選択した場合は 1.共通のTAG は X 印と共に表示して消せるようにする 2. 共通でない TAGはグレー表示して、クリックすると共通化され X 印も付く 3. あやまって消してしまった場合もで、Undo が効く 4. その他の属性も TAGと同じような処理が可能な部分は表示する(作成者欄とか) 場合によっては、複数選択した状態で ジオデータを入れられると 一気に複数のデータに同じ場所の情報を設定できるかも知れませんね。 世界中でたくさんの人が勝手に要望を出しているのでしょうから、Evernote社の方もいちいち見てはいないかも知れませんが、 もし上記のような拡張が他の方々にとっても有用であれば検討して頂けると嬉しいです。
  15. なんか日本語のフォーラムって、日本人が世界と違う場所に集まって、質問を投げてそのまま返ってこないつぶきや(ぼやき)の場になってしまってませんか? あまり Evernote 社につながっている感じがしないのは気のせい???? これなら変でも何でもいいから英語で英語サイトに投げた方がまだ反応があって手応えがあります。 まだ始まったばかりでこういう話しをするのもどうかと思ったのですが、このフォーラムがもっと活発になれば いいのに、と思いポストします。
×
×
  • Create New...