Jump to content

写真をアップする時に注意した方が良い事


Recommended Posts

Windows クライアント for Evernote をご使用中の方々にちょっと注意した方が良い点があるので報告します。

(問題点と捉えるかそういう仕様と捉えるかは微妙ですが)

例えばプレミア会員で残り 300MBで後2、3日という状況だとします。

当然、「あ、勿体ないから上げ損ねてたファイルを上げとこう!」と思いますが、ここで 300MBギリギリに上げると

何となくアップできない気がするのは大多数だと思います。

しかし、200MBとか 250MBとか、当然大丈夫だろうと思うサイズを一気に送り込むとクライアントソフトが変な挙動をします。

まず、普通にローカルのキャッシュと思われる部分にアップされます。

次に、暫くして同期するタイミングになり同期が始まります。

ここで、どういうわけか、一気に500MBに達してインジケータが真っ赤になります。

この後2つの道があります。

1.暫くまっているとインジケータが降りて来て、なんとかアップに成功する。

2.このままこのクライアントソフトからは次のアップサイクルまでアップできなくなる。(他のソフトからはアップ可能)

1のケースは成功する場合ですが、一瞬真っ赤になるので「あれ?」と思います。

しかし、問題は2のケースです。

このままほっとくと、ローカルのアップすべきファイルは維持されたままになり、次のアップサイクルになった時に

一気に数百MBがアップされる事になります。

私は1のケースも2のケースもどちらも経験がありますが、2のケースの時はさすがに Evernote にメールで質問しました。

しかし、その時の対応は、

「ログを送れ」というものでした。

質問をしてから「ログを送れ」というメールが来るまでにはアップサイクルがリセットされていたため、正常にアップされた

ログを送る事になり、案の定「ログを見る限りは正常に動いているように見えるよ」という回答がきました。

本来であれば前のサイクルにアップできるはずだった200MBの量が次ぎのサイクル始まった瞬間に食われてしまい、ちょっと落ち込みました。

皆さんもご注意下さい。

Link to post

Archived

This topic is now archived and is closed to further replies.

×
×
  • Create New...